Blog Page

毛糸が高いから編み物をするのに躊躇する

息子は私が作ってあげた手編みの帽子とマフラーがお気に入りです。ママが作ってくれたというのは、小さい子にとっては嬉しいものなのでしょうか。

これがまた数年後は「いやだよ」なんていうようになると思いますが・・・。その帽子やマフラーをつけて保育園へ登園すると、先生や保護者から「ママが作ったの?」と言われます。基本は不器用なので、よく見てしまうと市販品のようなきれいさはないのですが、それでも褒めていただくことがほとんどです。やはり働くママさんたちは、仕事もあるし育児も家事もこなすわけですから、手編みをしている時間的な余裕などないのでしょう。実際、私も妊娠ということがなければ、手編みをしようなんて思いませんもの。そして今、息子の帽子が大きかったのでリベンジとして新しく手編みの帽子を作っています。
ちなみに同じデザインですから、編み目の数なんかを調整して仕上げる予定です。また新しい作り方ですと時間がかかりますし。息子からは「紫色がいい」と言われて紫の毛糸で編んでいますが、案外派手な感じに仕上がりそうです。なんだかおばあちゃんというイメージにぴったりというか。でも息子なら気にせずかぶってくれるはずです。ついでに娘にもお揃いを作るのですが、これまた娘の大好きなピンク色をチョイスしました。正直毛糸も買うと高いんですよね。市販のものを買ったほうがお安くなるようです。特に今は市販品が驚くほど安く手に入る時代ですから。とはいえ、私は普段子どもたちに手をかけているとは言えませんので、これくらい子どもたちに手をかけてあげたいと思っています。

Closed